チートデイは最悪!?その理由とは

チートデイは最悪!?その理由とは

ダイエット中体重が落ちなくなった時、みなさんはどのような方法

を取り入れますか?

「カロリーを下げる」

「糖質を摂らない」

「チートデイをする」

このようなことを思い浮かべる人は少なくないと思います。

 

今回はダイエット中のネットの情報に振り回されている人に向けて

停滞期を打破する真実の方法をお伝えします!

 

◇体重が停滞する理由とは?

・停滞する原因その1

・停滞する原因その2

◇チートデイがなぜ最悪?

・チートデイとは

・チートデイが最悪な理由

まとめ

◇体重が停滞する理由とは?

ダイエットをしていると最初は体重が

スルスルと落ちていくのに

急にストップして減らなくなった経験はありませんか?

ダイエットをしている多くの人が経験していると思います。

私もボディビルの競技をやっているので

毎年ダイエットをしますが、

毎回停滞を経験します。

では、なぜ停滞してしまうのでしょうか?

今回は停滞してしまう2つの原因を取り上げていきたいと思います。

・停滞する原因その1

摂取カロリーが基礎代謝を下回っている

ダイエットを始めた当初は

基礎代謝を下回った食事であっても

今まで乱れていた食事に身体が慣れているため、

ダイエット食に切り替えた時に

脳が身体に「ダイエットを始めたよ!」

と信号を送り、体重が減ってきます。

ところが、ある程度まで体重が落ちてくると

脳が、カロリーが足りていないことに気づき、

飢餓状態であると勘違いしてしまうため、

今食べている食事をできる限り身体に蓄えるように

信号を送りはじめます。

そうなると、身体の生命維持装置が可動し、

身体の代謝を極端に落としてしまうため、

痩せにくくなってしまうのです。

・停滞する原因その2

身体がダイエット食に慣れてしまう

基礎代謝を上回った食事でダイエットをしていると

身体が飢餓状態だと勘違いしないため、

代謝をある程度キープしながら体重を落としていけます。

しかし、ずっと同じ食事内容だと

脳が、「この食事内容はこの人にとって普通の食事なのか!」と

勝手に判断してしまい、

ダイエットをしていることを忘れ、痩せにくくなってしまうのです。

 

◇チートデイがなぜ最悪?

では、上記のように体重が停滞した時は

どのようにして抜け出すのか。

みなさんはどのような方法を思いつきますか?

私は独学でダイエットをはじめた時、

ネットで調べていると

「停滞した時はチートデイ」という記事を多く目にしたため、

当初はチートデイ以外の方法を知りませんでした。

今回は、

そもそも「チートデイ」とはなにかについてと

なぜ「最悪」なのかについて紹介します。

・チートデイとは

「チートデイ」(cheat day)とは、日本語で「騙す日」という意味で

脳がダイエット食に慣れて停滞してしまったときに、

高カロリーを摂取することで脳を騙し、

停滞を防ぐことを目的とした食事法です。

・チートデイが最悪な理由

ではなぜチートデイが最悪なのか。

その答えは、

食べ過ぎで必要以上にカロリーを摂取してしまい、

ダイエットを減速させる可能性が高いからです。

チートデイを制御しながら行える人は取り入れてもいいですが、

私の経験や周りの話を聞いてきた結果、

好きなものを食べ始めると、

我慢のリミッターが解除されて暴走してしまい、

制御が難しくなる人が多いからです。

私は初めてダイエットをはじめた時、

チートデイなしに3ヶ月で-15kg(87kg→72kg)のダイエットに

成功しましたが、

ネットでチートデイの情報を知り、

1週間に1回取り入れると書いていたので

信じて取り入れはじめた2回目のダイエットは、

かなり減速し、3ヶ月で-9kg(89kg→80kg)しか減りませんでした。

(ダイエット中の食事の内容は、1年目も2年目も同じです。)

この結果からわかるように、

制御できない人にとっては「最悪」なのです。

 

まとめ

結果的に「チートデイ」は、

気持ちを制御できる人にとっては取り入れても問題はないが、

制御できない人にとっては「最悪」なので

私と同タイプの人は

別の方法を取り入れることをおすすめします。

(別の方法については今後アップしていきます)

ただ、ダイエットを長期的に考えている人は

メンタルを安定させることができるため、

10日に1回ほどのペースで取り入れると効果的です。

私の経験で感じた内容になるので

主観的な内容にはなりますが、

私と同じように悩んでいる人の力になればと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。